ご安心ください!

HOME > 三洋電機・太陽光発電の特徴 > 三洋電機・太陽光発電の歴史

三洋電機・太陽光発電の歴史

本格的な太陽光発電所を建設

東海道新幹線の米原駅と岐阜羽島駅の中間付近にあるソーラーアークという太陽光発電施設は、三洋電機が建設したものであり、本格的な太陽光発電所でもあります。

世界初、アモルファスシリコン太陽電池の実用化

現在、広く利用されているアモルファスシリコン太陽電池。このアモルファスシリコンという素材を利用した太陽電池は、三洋電機が世界で初めて実用化したものです。

独自技術“HIT太陽電池”の開発に成功

三洋電機は、この「非結晶」を意味するアモルファスシリコンと結晶素材を接合したHIT太陽電池という独自技術の開発に成功しました。これにより、太陽電池モジュールの設置面積あたり発電量において、世界一を達成したと同時に、世界初となる両面発電が可能な太陽電池の発売のスタートさせることができました。

ピックアップ業者 太陽光発電・ランドがオススメする
「東京都」の太陽光発電システム販売店です!

業者様の専用ページはこちら

お知らせ