ご安心ください!

HOME > 京セラ・太陽光発電の特徴 > 京セラ・太陽光発電の歴史

京セラ・太陽光発電の歴史

社会的背景を受けて開発がスタート

1975年、オイルショックとサンシャイン計画を契機として、石油に代わるエネルギーの必要性を認識した京セラでは、太陽光発電の研究開発をスタートさせました。

海外で太陽光発電を可能に

世界規模での社会貢献を社是としている京セラは、1979年から製品の出荷をスタートし、海抜4,000メートルという高地での電力供給を可能にする太陽光発電システムを、初めて南米ペルーに納品しました。また、世界各地の僻地などでの電力供給を目的とした太陽光発電システムの寄贈活動も行っており、モンゴルの遊牧民のように特定の住居を持たない人々への携帯型太陽光発電システムの開発などのユニークな実績もあります。

世界最高の変換率を達成

太陽光発電の製品の性能として重視されるのは、同じ条件下で太陽光を受けて、どれだけの電力に変換できるかという変換率。1987年、京セラはこの変換率において世界最高を達成しました。

ピックアップ業者 太陽光発電・ランドがオススメする
「東京都」の太陽光発電システム販売店です!

yh株式会社    
ロゴ
得意な技能
 -

当社は財団法人横浜企業経営支援財団(横浜市中小企業支援センター)が設立・企画・運営している平成23年度第2回地域貢献企業認定企業に最上位認定されております。

定休日
 年末年始
最低料金
 360000円
営業時間
 9:00~19:00
詳しくはこちら
業者様の専用ページはこちら

お知らせ